デビッドカードとは!?クレジットカードとどう違うの?

デビッドカードとは!?クレジットカードとどう違うの?

デビッドカードについて

皆さんはデビッドカードを使ったことがありますか。中にはどういった物かわからない方もいるでしょう。デビッドカードはクレジットカードと同じように、現金を持ち歩かないで買い物をすることができるカードです。見た目もクレジットカードと同じで、知らない人からすれば区別ができないでしょう。しかし、システムは全く異なります。デビッドカードの場合、決済を済ませると即座に、銀行口座の残高が減るという仕組みになっています。

デビッドカードの良さとは?

以上のような仕組みがあるので、使いすぎを防止することができるので安心です。もし、銀行口座の残高が決済しようとしている金額を下回っていたら、使用することができないようになっています。クレジットカードであれば、カード会社へお金を払うのは後からになるので、枠がある限り使うことができます。人によっては、請求が来てから慌てた経験がある方もいると思います。まとめると、デビッドカードは現在の自己の財産の範囲で利用できるカードなので、使いすぎを防止できる優れ物であると言えます。

どこで使うことができるのか?

現在クレジットカードを利用できるお店は、大体はデビッドカードを利用できるようになっています。しかし、中には使用できないところもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。デビッドカードが使える場合には、お店の入り口ドアやレジにマークがついています。デビッドカードを発行している会社も増えてきており、それぞれが異なったサービスを提供しているなど選択肢も充実しています。そのため、クレジットカードだと使いすぎるという方は、一枚作ってみてはどうでしょうか。

商業店舗を開業するにあたり、決済代行のサービスを利用すると、現金以外の決済を希望する客層を獲得できるメリットがあります。