行政書士って、どんなことをするの?なにかとお得です!

行政書士って、どんなことをするの?なにかとお得です!

行政書士の本来の業務と他の仕事との関連性

行政書士の仕事は、わかりにくいかもしれません。行政官庁への届け出書類等の作成とは、一言で言えます。しかし、行政官庁も多数あり、取り扱う範囲が広範囲にわたり、それが、わかりにくさの一因かもしれません。例えば、建設業であれば、それを始めるときの許可申請をしたりします。また、農地を持っていれば、それを売買するのは、行政官庁の許可が必要です。その申請書作成もしごとです。行政官庁への申請全般を扱えるのが、行政書士です。これは、いろいろな業務との連携が可能です。

行政書士試験って難しいの?

行政書士の仕事をするには、国家試験である行政書士試験に合格しなければできません。現在の行政書士試験は、合格率が低く、倍率で言うと、難関試験の一つといえます。しかし、内容的には、広範囲ですが、基礎的な内容のものが多く、他の法律系国家試験に比べると、比較的取りやすい資格といえます。他の国家資格を取ったうえで、重ねて、勉強しとることも可能ですし、現在、サラリーマンとして勤務していても、業務に幅を持たせるための、勉強も可能です。

行政書士資格を取って、将来性・幅を広げましょう

行政書士資格を持つことによって、その業務範囲の広範性から、現在のお仕事に将来性や対応能力を広げていくことは、非常に有用だと思います。現在の行政国家においては、行政官庁とのつながりは切っても切れない関係です。そのような時、基礎的な法律知識があれば、交渉も可能ですし、提出書類の作成ができれば、アウトソーシングの費用を節減できます。また、信用性も増し、相談にも応じることができれば、現在のお仕事の幅も広がり、将来的な、独立も可能となります。

行政書士の試験は、問題によって択一式や論述式などに分かれており、様々な法律を覚えるだけでなく、実務に役立つ知識を得ることで合格につながります。