街の法律家として活躍できる司法書士は、一生ものの資格

街の法律家として活躍できる司法書士は、一生ものの資格

司法書士は法律の専門家

司法書士の業務は、その名からもわかるように法的な文書を作成することです。主な業務としては、不動産登記や商業登記などの登記業務があげられますが、相続や債務整理などに関わる書類の作成や手続き、企業の法務に関する書類の作成や手続きなどもおこないます。また、簡易裁判所で審理がおこなわれる140万円以下の法律事件の解決にも関わることができます。司法書士は、専門的な法律の知識をもったスペシャリストということです。

受験資格は特になし、誰でもチャレンジ可能

司法書士は国家資格であるので、なるためには国家試験を受けて合格しなくてはなりません。受験資格には、特に年齢制限や学歴などの規定はなく、誰でも受けることができます。しかし、その難易度は高く、合格率は3%台という厳しさです。独学で受けることもできますが、多くの場合、予備校や専門学校に通うか、通信講座を受けるなどして対策し、それでも、何回も受験している人も少なくありません。また、裁判所事務官や検事事務官などを10年以上務めて認定される制度もあります。

難関を突破して取得した資格を大切に使う

専門的な知識を十分に身につけ、試験に合格したら、各地にある司法書士会に登録することが必要です。たとえ資格を取得していても、どこにも登録をしていないと、実際に業務をおこなうことはできません。また、業務を始める前には、それぞれの司法書士会がおこなっている研修を受けることが必要となります。しかし、こうして資格を取得すれば、資格の有効期限は一生なので、地域の法律家として貢献し、長く活動することができます。

司法書士の試験は午前と午後に分けて行われます。午前に2時間、午後に3時間、計5時間にも及ぶ長時間の試験となっています。