通信制大学は、いつでも通える便利な学校!

通信制大学は、いつでも通える便利な学校!

通信制大学って、どんな学校?

通信制大学とは、インターネット上で授業を受けることができ、通わなくても単位を取得して卒業できる学校のことです。授業の特性上、どうしても通わなくてはいけない場合、スクーリングという制度で数日だけ授業を受けに行く程度で単位が取得できます。通信制大学の特徴としては、在学年数だけがあらかじめ決まっており、自分の好きなペースで授業を受けて単位を取得できるようになっています。なので、実際に予定されていた年数よりも早く卒業することも可能です。

通信制大学は、どうやって入学するの?

通信制大学に入学するためには、資料請求や説明会に参加する必要があります。資料請求をすることで、どのような学科やカリキュラムがあるのかを詳しく知ることができます。説明会に参加することで、スクーリングの仕組みや実際に必要な単位、授業の受け方など事細かに教えてくれます。通信制大学に通っている間は学生証が郵送されるので、学割なども使うことができます。大学や受ける学科によって、卒業年数や必要単位が異なるので覚えておきましょう。

通信制大学を、予定通り卒業できない場合は?

通信制大学では、決められた年数で単位を取得できない場合、留年というかたちでさらに学費がかかってしまいます。大学にもよりますが、半年間だけ在籍年数を延ばしてくれるところもあります。場合によっては1年間か2年間分の学費を払わないと留年できない可能性もあります。通信制大学を受けようと考えている人は、まずは資料請求をしてみることをおすすめします。その後、大学ごとに決められた日にちで説明会を行っているので参加してみましょう。不安な点でも親身に相談にのってくれるので、担当者に聞いてみましょう。

社会人で、大卒の資格がない人や、新たな学問分野を志したい人には通信制大学がおすすめです。自分の都合に合わせて、学ぶことができます。