クレジットカード審査基準や自分での確認方法

クレジットカード審査基準や自分での確認方法

クレジットカード審査とは

クレジットカード審査とは、自身でクレジットカードを作る際にクレジットカード会社がクレジットカードを作っとします。そして使用し代わりに金額を立て替えたとして定期的に金額を支払ってくれるか?という信用度を確認するものです。借金は無いかなどの情報をもとに信用度数値化しその人物にクレジットカードを作るかどうかを判断しますが、最近では人が審査を行わず数値化をパソコンのシステム等がいってに引受け、行っているカード会社もあるようです。

信用情報はどこから調べるのか

この審査の際クレジットカード会社が信用情報機関に申し込みお客様の情報を調べることが一般とされています。この信用情報機関にはその人物のカードローンの借り入れ状況や返済具合、他のクレジットカード会社の使用頻度、滞納等を調べます。細かいところまでいくと携帯電話の支払い状況も確認するところがあります。ここで何か不備があると信用に問題ありと判断されてクレジットカード審査が通らずクレジットカードを発行してもらうことが出来なくなります。

格式のあるクレジットカード

借金をしたことがなかったり携帯料金も滞納した事が無かったとします。しかし一般的な収入の方がいきなりゴールドカードを作ろうとしても信用に足る判断材料が無い為審査が通らないという事があります。そういった際には、ゴールドカードではなく通常のクレジットカードを作り実績を積み上げていく必要があります。この実績をクレジットカードヒストリーと呼びます。しかし、ここで滞納などをしてしまうとそれが原因で審査が通らなくなってしまう為気をつけましょう。

クレジットカードの審査では資力、性格、資産の3Cと呼ばれる3つの観点を重視した審査がおこなわれます。