信用取引を活用して投資効率を上げるメリットについて

信用取引を活用して投資効率を上げるメリットについて

証拠金取引で取引額が増える

現物株の取引では証券会社に預け入れている金額の範囲で株を売買するだけにとどまりますが、信用取引の口座を開設すれば預け入れているお金を証拠金として3倍の金額まで取引が可能になります。証券会社に証拠金を担保としてお金を借りるという仕組みになりますが、現物株よりも大きい取引額を使えるため、レバレッジ効果があります。取引額が増えるためより多くの株式に投資することが可能になり、その分チャンスが増えると言えるでしょう。

下落相場でも儲かるチャンス

現物株の取引では買い取引しかできないルールになっていますが、信用取引を利用できるようになると信用売りという取引ができるようになります。株を安く買って高く売るという売買とは反対に、高くなった株を信用売りして下がった時に買い戻すという取引を行えば差額が儲かるという仕組みになっています。信用売りを活用すると、下落が続く相場であっても利益を得られるチャンスが広がりますので、現物株だけではなく信用売りも交えて戦略的に投資できるメリットがありますよね。

株主優待の権利を得る時に活用できる

株主優待の権利を得るためには現物株を決められた権利付日に保有していることが条件となりますが、権利付日の翌日は株価が下がる傾向にあり、損失となるリスクがあります。しかし信用取引を活用することで、現物株で持っている買いポジションと反対の売りポジションを同じ株数だけ持っていれば現物株が下落しても信用売りのポジションでは利益になりますので、下落リスクをカバーすることができますよ。株主優待をお得に受けるためには信用取引は必須だと言えるでしょう。

信用取引を利用すると資金の数倍の取引が可能になり、空売りも行えるのでトレードの幅も広げることが出来ます。