為替取引で覚えておきたいトレードのタームを三つ紹介します

為替取引で覚えておきたいトレードのタームを三つ紹介します

スキャルピングは超短期売買

スキャルピングは数分間に何度も売買をする超短期の取引です。日本ではスキャルピングは人気でネット上には様々な商材が販売されています。基本的に1分足チャートを使い、値動きが活発になるロンドン時間以降に行われます。数pips程度しか狙わないので、LOT数も大きくするのが一般的です。スキャルピングの注意点として慎重に証券会社を選ぶ点が上げられます。証券会社によってはスキャルピングを禁止してるところもあります。また、スプレッドが狭い証券会社でないと利益が残しにくくなります。

基本中の基本デイトレード

デイトレードは多くの参加者が行っている取引のタームです。でトレードと言えば株式での取引が有名ですが、FXと株式の大きな違いは、FXはオーバーナイトあり、株式はオーバーナイトはしないという点です。FXは24時間オープンしているので当日に手仕舞いする必要はありませんが、株式は後場が15:00に終わるのでそれまでに手仕舞いにしなければいけません。FXでのデイトレードでは最長で2日ぐらい保有する事も珍しくはありません。

会社員でも参加できるスイングトレード

スイングトレードは、執行時間軸を日足や4時間足といった長期の時間軸でトレードするスタイルの事です。ポジションの保有期間は最長で2ヶ月になる事もあります。スキャルピングやデイトレードではポジションを持つ前には必ずテクニカル分析をします。専業トレーダーであれば時間をかけてじっくりと分析可能ですが、兼業トレーダーには無理があります。その点、スイングトレードは分析する項目が少ないので、忙しい会社員でも無理なく参加できるタームと言えます。

為替とは、簡単に言うと「現金を直接移動することなく、小切手、銀行振り込みなど、現金以外の方法で決済する方法」です。