一生の財産!税理士の資格は難問ばかり・・・

一生の財産!税理士の資格は難問ばかり・・・

税理士資格の受験資格

税理士の試験を受けるためには最低限、高等学校を卒業する必要があります。しかし、高等学校を卒業しても直に受験を受けることができるのではなくて、高等学校を卒業した後に最低でも1年間は法学部か経済学部を経験する必要があります。教育課程を全て卒業した者は司法試験に合格する必要がありますが、非常に難関な試験になるでしょう。また、教育課程での成績を証明する書類も必要になるので、学生時代の成績によっては、受験できるかどうかが変わってきます。

税理士試験には国籍や年齢は問われません

税理士試験の受験資格には、国籍や年齢制限が一切ないので社会人でも試験に合格すると税理士になることが可能です。また、海外の大学を卒業しても日本国内で申請をすることで受験ができる場合もあるので、留学後に帰国してから受験することもできます。また、会社で経理事務や税理士の補助として勤務していた人は、職務経歴書が必要になるのであらかじめに準備しておきましょう。ただし、職歴経歴書を提出するのは、学歴ではなくて、会社での経験を使って受験をする場合なので、経験があっても学歴で受験をする場合には不必要です。

税理士の試験は非常に難関科目が揃っています

税理士試験で出題される科目は、簿記論・財務諸表論・取得税法・法人税法・相続税法・消費税法・酒税法・国税徴収法・住民税・事業税・固定資産税などの税金に関する法律がメインで出題されていて、特に難しいのが住民税の問題になります。しかし、全ての科目が20%前後なので、非常に合格率が低いですね。試験は難関でも計画的に勉強をしていくと合格率が上がります。これら、全ての科目を一回の試験で行うのではなくて、年に1科目から2科目を合格するだけでも大丈夫です。そして、最終的に全ての科目を合格すると税理士の資格を取得することができます。

税理士試験は超難関試験です。ましてや税務、法律初学者が独学で合格できる試験ではありません。税理士の講座を受け、効率よく学習することが合格への近道なのです。